ビジネス書、ネット本、置いてまっせ!ブログ。

ビジネス書、ネット本を中心に僕の読んだ本を紹介するブログです。

カスタム検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルマガ×ブログ×ホームページで儲かるしくみをつくる本

成功者の意見も織り交ぜ、メルマガ、ブログ、ホームページの活用法について述べた本。

主な内容
■メルマガ…きっかけ。攻めのツールだが攻めすぎに注意。
■ブログ…舞台裏。周辺情報。営業日報。
■ホームページ…しっかり作る。深い情報。販促資料。
■上記3つをぐるぐる回す。
■人は宣伝を聞かず、好きな人の言葉に耳を傾ける。
■時間をかけて作る。
■情報でなく情熱を届ける。
■どうやって人の記憶に残るかを考える。→ファンになってもらうか。
■結果をすぐに求めない。
■プロ同士のコミュニティーも面白いかも。
■広げすぎず、絞る。
■3分の1ずつ。自分・仲間・ライフスタイル。
■売れているところからイメージする。

おススメ度: ★★

スポンサーサイト

テーマ:お勧めの一冊! - ジャンル:ビジネス

Be My Last ~ 宇多田ヒカル

とても不思議な曲である。
「私の最後の…(恋人になって)」
という意味なのか。。。

深読みするときりがないが、
サイケな曲調と相まった世界観がいい。

宇多田ヒカルは世界観が好きだ。

Be My Last ~ 宇多田ヒカル 宇多田ヒカル - ULTRA BLUE - Be My Last

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

はてなの本

はてなサービスのガイドと
はてなの近藤社長の3万字のインタビューによって構成されている本。

はてなの舞台裏、いかにしてはてなのサービスが発展していったか、
を知るうえで大変参考になる本である。

初版発行が04年8月と4年以上も前の本になるが
それほど「いかにも昔の本」という感じでもない。
そのあたりからもはてなのサービスがシンプルでありながら
よく完成されたシステムであることが伺える。

僕自身、正直とっつきにくい印象のあったはてなだが
気軽に使えて様々な広がりが生まれる可能性を感じ、
とても有益なサイトである、と思い直した。

おススメ度: ★★★

テーマ:ネットビジネス - ジャンル:ビジネス

ウェブサイト制作ワークフローの基礎知識

主に複数の人間によって作られるサイトに関して
実際の作業の流れ、効率的な進め方を解説した本。

個人でサイトを制作している人にとっても
俯瞰的に流れを把握するために役立つ書であるといえる。

おススメ度: ★★

テーマ:ネットビジネス - ジャンル:ビジネス

「髪を切ってしまおう」 加藤いづみ

以前、男性ボーカルしか聴かなかった僕が
女性ボーカルを聴くようになった初期の頃の曲。
(今は女性ボーカルばっかり聴いていますが。)

僕にとって曲の良し悪しは
ボーカルの声が好きか嫌いか、で決めてしまったりする。

その点でいえば、ズバリど真ん中。
好きです、彼女の声。
この曲に関しては声と曲調とアレンジとのマッチングも最高。

今聴いても浸れます。
是非!

「髪を切ってしまおう」 加藤いづみ 加藤いづみ - 加藤いづみ ベスト・コレクション - 髪を切ってしまおう

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

リンクシェア









リンクシェアにアフィリエイト登録



リンクシェア、始めました!!!

特筆すべきは、何といっても itune store と提携しているところ。
音楽ダウンロード販売のアフィリエイトは
個人的にとても注目しています。

皆さんも是非!

テーマ:アフィリエイトビジネスに役立つ - ジャンル:ビジネス

レバレッジ人脈術



この本のおススメ度: ★★★★★(5点満点)

「コントリビューション」をベースに人脈の広げ方に新たな気づきを与えてくれる本。

この本から学んだこと
■コントリビューション。
■魅力的なプロフィールを作る。
■紹介したくなる人間になる。
■マインドの高い人と付き合う。
■やりたいことを明確にする。
■事前自己紹介(ブログ・ホームページ)。
■自分だけ得するのはダメ。
■常に相手の都合を意識する。
■本を出すことによって人脈は加速する。
■Linkedin
■サービスが良く大将の人柄がいい店を持つ。
■会
  ・目的がはっきりしている。
  ・自分が会にコントリビューションできる。
■B/S型ライフスタイル。
■人に教えることのできるものを持つ。
■会ったらフォロー。
■インプット・自己投資、鼻につかないように。

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

ライフハックの作りかた



■サイバネティックス(気象学)
   ●少し先を予測
     ▼フィードバックの検証
     ▼パターン認識
■自分ハックを持つ。
■レイヤー思考を持つ。
■情報受容体(→キーワード)を増やす。
■感情のアフォーダンス(椅子に座りたい…切り株が誘ってくる。)
■空白がアウトプットを導き出す。
■オートポイエーシス→自動で創発していく仕組み
   ●自己がない。
■自分プリンシプルを作る。

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

覚悟のすすめ 金本智憲



「私は、どちらかといえば強くない人間である。」
 
冒頭の一文には素直に驚いた。

だとすると、いや、だからこそ余計に
『どのようにして強くない人間が世間から「鉄人」と呼ばれるようになることができたか』
という観点からこの本を読み進めると
ビジネス書としても十分に読みごたえのある内容になっている。 

また、リーダーシップにおいても
金本選手の立ち居振る舞いは非常に学ぶところが多い。

個人の記録よりチームの勝利を優先する、 
チームの一員としてどのような行動を起こし、
チームの意識をどのように変えていくか、
そのあたりからリーダーシップを学び取ることができる。

あと、素直に頑張る気になれる。
「鉄人がこれだけ頑張っているのなら
僕ももっと頑張らなくては、」
と素直に思える。

しかしながら核心は
「覚悟を決めて行動を起こす。」
すべてはここに通じているのだな、と感じる。

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。